オールセラミックの歯とは、全てがセラミックで製作をされた保険適用外(自費診療)の歯科治療で使用をする本物の歯を見分けのつかない治療に使うセラミックの歯の事です。

この記事では、ごく簡単にセラミックの歯、オールセラミックの歯の事を理解して頂けるように解説をしてます。細かい詳細な解説は他のコンテンツで作成をしまていますから、もっと深く知りたい方はそちらを御参照下さいますようお願い致します。

 

審美歯科の治療は、大きくわけて①セラミックの歯、②オールセラミックの歯の2つの種類があります

セラミックの歯

セラミックの歯とは、以前の審美治療のスタンダードなセラミック治療であり、金属の被せ物の上にセラミックを焼き付けて本物の歯に見えるようにしてるものとなっています。

現在、メタルボンドを選択するメリットはありません。価格だけで言えば、オールセラミックよりも低価格に設定されている事が多いので、安く出来るという事がメリットと言えるかもしれませんが、メタルボンドであっても自費診療のセラミックの歯として1本当たり5、6万円はとられるわけですから、劣っているものだからと言って破格という事はありません。

メタルボンドの方が良いと言ってい説明している歯科医院・審美歯科にもしあなたが通っているとしたら、その歯科医院・審美歯科はやめた方が無難です。

既にメタルボンドは無用であり出番は少ない

以前はオールセラミックは素材などの強度面が劣っており使えませんでした。けれども、現在は素材の抜本的な改良と歯科用ジルコニアの登場もあり、メタルボンドは必要がない状態なっています。

逆にメタルボンドで治療をするデメリットの方が大きいのが現状です。メタルボンドの弊害は金属アレルギーの問題、また金属の溶け出しによって歯茎に染み込んで歯茎が黒くなるという弊害があります。

前歯にメタルボンドを使用するのは正気の沙汰ではありません。それを勧めるような歯科医院・審美歯科は間違いなくやめた方が良いと言えます。前歯の歯茎が歯科金属のせいで黒くなるというような事が起きれば、またお金を支払って原因となる歯科金属を使用しているメタルボンドからオールセラミックの歯に替える必要性が出てくるのですから、わざわざメタルボンドで治療をするメリットは現在では全く無いと言っても過言ではありません。

オールセラミックの歯

オールセラミックの歯は、その名称の通り全てがセラミックで出来ているものとなります。金属を全く使用しませんから、メタルボンドのように金属アレルギーの心配もなければ、金属の溶け出しによって歯茎が黒くなるという状態もありません。

現在の審美歯科の治療でオールセラミックの歯を使うことはスタンダードであり、これが普通という状態にまでなってきているのが現状です。

オールセラミックの歯の中にも種類がある

オールセラミックの歯と言っても、またその中に素材メーカー、製造方法、によって種類が異なります。仕上がり自体にも差があり、高額なものから比較的に安価なものまで存在しています。

一般的に高品質であり歯の色も細かく指定が可能なものですと、歯科技工士がジルコニアの被物の上にセラミックを何層にも盛り付けて焼き上げるジルコニアセラミッククラウンになります。

これに対してジルコニアと言っていても安価なものがありますが、あれはセラミックのキューブをCAD/CAMという機械で削りだすというタイプのもので、前歯には使えないです。

奥歯でもかなり色としては不満が残るものなりますので細かく気にするのであれば選ぶべきではありません。また、この安価と言っていても1本5,6万はとるわけですからあえて、セラミックキューブを削りだすタイプのジルコニアセラミッククラウンは選ばな方が良いでしょう。

「オールセラミックの歯とは」?のまとめ

  1. 歯科ではセラミックの歯という以前は良く使用された歯科金属を使用したセラミックの歯がある
  2. セラミックの歯は、従来的にはメタルボンドの事を指し、金属を全く使用しないオールセラミックの歯とは異なる
  3. 歯科金属を使用したセラミックの歯は現在では殆ど使用されない
  4. メタルボンドは前歯に使うと金属の溶け出しによって歯茎が黒くなる事がありわざわざメタルボンドを選ぶメリットはない
  5. オールセラミックの歯でも高額なものと、安価なものが存在をしている