前歯のすきっ歯がコンプレックスになっている方も多くいらっしゃいます。

すきっ歯は、顔の印象が良いとは言えません。前歯に隙間が開いていると大人になってからは特に、顔の印象が貧相になります。

いくら顔が美人でも、すきっ歯なだけで、せっかくの美人顔が活きづらい状態になってしまいます。

また印象が貧相だけでなく、どことなく清潔感に欠ける印象になってしまうので、やはりすきっ歯は治した方が良いでしょう。

すきっ歯を治す方法としては、保険適用ならダイレクトボンディングという方法があり、歯科の保険適用外のセラミックを使ったものとしてラミネートベニア、オールセラミッククラウンの3種類の治療方法となります。

それらの方法について、下記に解説をしていきますね。

すきっ歯を治す治療方法3つの方法

ダイレクトボンディング (保険適用)

1 : ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、保険適用で行う事が出来て、1日で治療をする事が出来るものとなります。これは、歯科用のプラスチックのレジンという素材を前歯に貼り付けていく方法です。

歯に直接レジンをくっつけていき、キレイに形成をしていくという方法です。費用的に保険適用で行うという事が出来る事から、治療費としては歯科の自費診療のラミネートベニア、オールセラミッククラウン、を用いた治療を受けるよりも安く治療をする事が可能です。

2 : ダイレクトボンディングのメリット

  • 1日でキレイにする事が出来る
  • 保険適用なので自費診療のセラミックよりも費用が安い

3 : ダイレクトボンディングのデメリット

  • レジンなので変色は避けられない
  • 広い前歯のすきっ歯には使えない
  • 歯医者が直接、歯にレジンを盛って再現するので歯科医院によって上手さが異なる

デメリットとしては、歯医者がたくさんの人に対してダイレクトボンディングをしているのであれば、慣れていて上手く作る事が出来るでしょうが、不器用な歯医者、センスが良くない歯医者だと当然不自然になるでしょう。

また、あまりに前歯のすきっ歯の隙間が大きい場合には、歯科用プラスチックのレジンの色と天然歯の歯の色が異なるという事もありますし、またレジン自体はプラスチックですから口の中にあると変色をしてくるという事もあります。

ほんの僅かなすきっ歯の隙間を治すには良いかもしれませんが、すきっ歯の隙間が大きいのであれば有効とは言えないでしょう。

また、歯の隙間が広くても、どうしてもダイレクトボンディングで行いたいと言った場合には、「ダイレクトボンディングを行う事で不自然な仕上がりなど、どのような不都合があっても良い」というかなり強い承諾を治療を受ける本人から歯科医院が得られない限りどこの歯科医院でもお断りをされる事が通常です。

ラミネートベニア (保険適用外の自費診療)

1 : ラミネートベニアとは

ラミネートベニアは、前歯の表面を薄く削り、その上にセラミックでキレイに制作をしたチップを貼り付けて行う治療方法となります。

天然歯を多少削るのですが、僅かですし、人工的にキレイなセラミックにするので圧倒的な透明感、歯の自然さを再現をする事が出来ます。

セラミックなので変色もしません。

すきっ歯の治療ばかりではなく、容姿のキレイさの追求のために歯の色、歯の透明感が欲しいという方にも美容目的で利用をされているいます。

当サイト ラミネートベニアの治療方法・手順の説明→こちら

2 : ラミネートベニアのメリット

  • 審美要素を含むセラミック治療だが歯を削る量が少ない
  • 歯の色、歯の質感を変える事が出来るから前歯の変色も治せる
  • セラミック素材だから変色がない

3 : ラミネートベニアのデメリット

  • 薄いセラミックのチップを貼り付ける治療だから割れやすい
  • 自費診療で保険適用外なので保険適用の治療より値段が高く1本8~12万円で高額
  • すきっ歯の隙間が広いと治療をする事が出来ない
  • 歯科技工士に依頼をしてラミネートベニアのチップを制作するので即日で治療完了というのは無理

オールセラミッククラウン

1 : オールセラミッククラウンとは

オールセラミッククラウンとは、被物のことです。銀歯の被物を思い出してもらうと分かりやすいでしょう。保険適用では歯科金属のパラジウム合金で作っている銀歯の被物を、本物の歯を見分けのつかないセラミックで全て被物を作るのがオールセラミッククラウンです。

前歯の隙間が大きい場合には、ダイレクトボンディング、ラミネートベニアでは治療をする事が困難です。やってやれない事はないのでしょうが、それは本人がどんな不都合があってもかまわないという了承がない限りどこの歯科医院でも断られるでしょう。

オールセラミッククラウンを使用する場合には、人工的に歯の形状を理想的にして、そしてセラミックの質感でキレイな歯を再現をする事が出来ますから、前歯の隙間を本当に自然にする事が出来ます。

また、オールセラミッククラウンを用いて前歯全体の歯並び、色をトータルにキレイにする治療をセラミック矯正と言い、芸能人、モデルなどが歯列矯正よりも短期間で歯並び、歯の色をキレイにしたいときによく利用をする方法となっています。

2 : オールセラミッククラウンのメリット

  • 前歯のすきっ歯の隙間が大きくても行う事が出来る
  • セラミックなので変色をしない
  • 歯科金属を使用をしていないセラミックの歯なので金属アレルギー、歯茎の黒ずみがない
  • 歯並びも短期間で改善をする事が出来るセラミック矯正を行う事も出来る
  • オールセラミッククラウンなら、歯並び、歯の色、全てをトータルに治療を行う事が出来る

3 : オールセラミッククラウンのデメリット

  • 歯科の自費診療となるのので、1本の治療が平均8~15万円と高額
  • 天然歯を削る量が最も多いし場合によって神経を抜く(抜髄)を伴う
  • ラミネートベニア、ダイレクトボンディングよりも治療期間が長い事が多い

 

まとめ

すきっ歯の治療はこれで、ご理解を頂けたと思います。

最後に、もう一度まとめますと、保険適用で隙間が少ない場合なら、ダイレクトボンディングで即日対応可能で短期間で治療をする事が出来ます。

しかしながら、レジンというプラスチックの素材がダイレクトボンディングで使用をする素材なので、口の中での変色は避けられないという事があります。

その変色がイヤだとか、どうせなら、前歯をキレイな質感にも見た目にもしてしまいたいという場合にはセラミックのチップを貼り付けてキレイにする事が出来る保険適用外のラミネートベニアという治療があります。

しかし、上記のダイレクトボンディング、ラミネートベニアは、いづれも前歯の隙間が少ない場合にしか適用をする事が出来ません。

前歯の隙間ば大きい場合には、オールセラミッククラウンを用いた治療を行う事になります。また、オールセラミッククラウンを用いた治療であれば、短期間で歯並びをキレイにする事が出来るセラミック矯正を行う事が出来るので芸能人、モデルのようなキレイさにする事も可能です。

 

どの審美歯科がおすすめ?費用をなるべく抑えてラミネートベニア、オールセラミッククラウンの治療を受けたいなら

ラミネートベニア、オールセラミックの歯などの審美歯科の保険適用外の治療は非常に高額になる事が通常です。

それがネックで迷っている方や、なかなか治療を受けたいけれども受ける事が出来ないという方がいると思います。

そんな方には、当サイトでも紹介をしている人気審美歯科が良いかと思います。オールセラミッククラウン、ラミネートベニアの治療をリーズナブルに、しかも本当に高品質なセラミック素材メーカーのセルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxを採用をしているのに従来型の審美歯科で行うオールセラミックの歯の平均的値段の1本15万円の約3分の1の治療費で人気が高いです。

他の審美歯科・歯科医院と比較検討をするために当サイトの下記の紹介・詳細記事も参照をして下さい。

高品質なセルコンのジルコニアを使用したセラミックの歯の治療が低価格