八重歯 叢生(そうせい)

イラスト転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/yaeba.html

八重歯・叢生(そうせい)は似ているのですが、犬歯の周辺がそうせいの場合では乱れて生えている状態であると思って頂くと良いでしょう。

いわゆるガチャ歯が「叢生(そうせい)」と考えて頂くと良いでしょう。容姿的な雰囲気は八重歯と叢生(そうせい)は似ていますが、実際に笑って歯が見えた際には八重歯はただ犬歯が出ているという常態で前歯などは案外と普通の歯並びをしています。

叢生の場合には、ガチャガチャとした印象となりますから、八重歯と叢生(そうせい)ではかなり印象が異なります。

 

八重歯がカワイイ?それはほぼ勘違いです

八重歯 可愛くない

少し前の話になりますが、某芸能人が人気になった際に八重歯が人気となった事がありました。わざわざ八重歯にするという事まで行われるました。

しかしながら、八重歯がカワイイとか、チャームポイントと本人は思っているかもしれませんが、残酷な話ですが若いときだけの話です。

ある程度、年齢を重ねていった際30代後半からは、「八重歯がチャームポイントで美人ですね」「八重歯の印象が良くてキレイですね」などとは言われる事は残念ながらありません。

若年層のときだから許されるというか、良いと言われるだけです。

八重歯・叢生(そうせい)も残念ながら清潔感、知的な印象、洗練された印象、などにはなりません。女性でも男性でも、八重歯がかなり目立つとか、叢生(そうせい)で歯並びがガチャガチャしているというようになりますと、その印象はいつまでたっても理知的な印象、清潔感のある印象を与えることが出来ません。

誰でも年齢を重ねていくので努力をしていかないと清潔感、若々しさを保つという事は出来ません。その際に、清潔な印象、理知的な印象というのもを与えるのに、八重歯、叢生(そうせい)ではない人の数倍努力をしても、もしかしたら印象が良くないという損をする可能性を大きくはらんでいます。

女性でも男性でもキャリアを積んでいきたいと思っている方であれば、特に関わる事がない人々に自分がどのような印象を与えているのかという事を考えておいた方が良いでしょう。自然に良い印象である方が人生としては得をします。

あなたが特段、ある特定の個人と話したこともない顔見知りの人でも、仕事上で付き合わないといけないという事もありますから、その際にマイナスの印象を持たれているところからスタートをするのでは、あなたは損をしてしまう事になります。

ですから、どうせ努力をしてキャリアを積み上げたり、どこかの業界で自分の努力が最大限に評価をされるためには、やはりあまり深く知らない人々に自然と良い印象を持たれていた方が良いわけですから、容姿に関係をしてしまう八重歯、叢生(そうせい)は治療をしてキレイな歯並びにしていた方が良いという一般論になります。

程度が軽度な八重歯・叢生(叢生)のオールセラミックの歯を用いた治療方法

八重歯

イラスト転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/yaeba.html

八重歯・叢生(そうせい)の程度が軽度な場合の説明をしていきます。

あまり歯列が乱れていない場合、つまりは多少、八重歯が出ている、多少がチャがチャした歯の印象になっている程度の方であれば天然歯を削りオールセラミッククラウンをキレイに製作をして被せることで改善されます。

しかしながら、重度に歯が奥に入っていたり、前に出ていたりする際には、オールセラミックの歯を被せるというだけでは無理があり、抜歯を伴うという事もあります。

程度が軽度な八重歯・叢生(叢生)のオールセラミックの歯を用いた治療手順

軽度 叢生 八重歯

イラスト転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/yaeba.html

①対象の歯を確定し、オールセラミッククラウンを被せるために天然歯を削り支台歯の形成を行います

対象となる歯を削りオールセラミッククラウンを被せるために天然歯を削り支台歯の形成を行います。

②歯の型を取り、オールセラミッククラウンの製作をします

歯の型を取り、しっかりとフィットするキレイなオールセラミックの歯を製作をします。

③装着をして完了となります

最終的に装着をして治療は完了となります

 

程度が深刻な八重歯・叢生(そうせい)のオールセラミックの歯を用いた治療方法

八重歯 叢生(そうせい)

イラスト転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/yaeba.html

叢生(そうせい)の治療方法で特に程度が深刻なものを説明します。上記イラストは叢生(そうせい)で、その程度が深刻なものと想定しています。

上記では、一部の歯が奥に入っていたり、かなり大きくずれて歯が生えているという事を想定しています。この場合には、オールセラミッククラウンを装着をするために、歯をそのまま削っても、位置がかなり異なる部位があるので、ただ歯を削ってオールセラミックの歯を被せられる状態にするだけでは無理が生じます。

ですから程度が深刻な叢生(そうせい)の場合には抜歯を伴います。

抜歯を伴う叢生(そうせい)の治療手順

抜歯 ガチャ歯

イラスト転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/yaeba.html

①対象の歯の確定し抜歯をし、天然歯を削ってオールセラミックを被せるために支台歯を形成

抜歯を伴うというのは、かなり抵抗感があると思いますが、歯列矯正にしても、抜歯を伴う事が殆どです。

なぜなら、この歯の状態になるのは、原因としては顎が歯が生えてくる面積よりも小さいから起こるという事が殆どだからです。ですから歯列矯正をするにしても、歯が動く分だけのスペースを用意をしないと物理的に歯が動かないのです。

なので「歯列矯正なら抜歯を伴わない」という事では全くありませんし、歯列矯正で「非抜歯矯正で誰でも行う事が出来る」というような事を書いているホームページなどがあったりしますが、絶対に出来るという事はありませんし、どのように考えても物理的スペースがなければ動くはずがないのですから、「非抜歯矯正」が誰でも出来るというように説明をしている矯正歯科には気をつけて下さい。

②歯の型を取り、抜歯をした部位を補うためにブリッジでオールセラミックの歯を製作

セルコンジルコニア 

抜歯をした部分の歯の前後を削って、オールセラミックの歯が被せられる状態に形成をします。

その状態で歯型を取り、それを元にしっかりとキレイになるオールセラミックブリッジの歯を作成します。

そして、3本の歯を連結をした、オールセラミックのブリッジで歯を製作をします。ブリッジというのは上記の写真のようにセラミックの歯を繋げて製作をするものです。

③装着をして完了

最終的に装着をして、叢生(そうせい)の治療は完了になります。

 

人気の審美歯科サービスでオールセラミッククラウン使用をした治療で八重歯・叢生(そうせい)の治療を検討する歯科医院としてピックアップ

オールセラミックの歯を用いた八重歯治療・叢生(そうせい)も低価格で受ける事が出来る人気審美歯科サービスの公式サイト→こちら

オールセラミックの歯を用いた八重歯・叢生(そうせい)の治療のオールセラミックを低価格で受ける事が出来るという事でかなり人気のある審美歯科サービスがあります。

2011年に名古屋からはじまり、その人気が高まり東京、神奈川、大阪でのサービスも展開をしており現在の審美歯科業界の中で人気が集中をしている審美歯科サービスです。

名古屋は特に、この人気審美歯科サービスの企画開発・運営管理を行っている株式会社Japan Dental Frontierの所在地であり、この審美歯科サービスを生み出した地でもありますから品質の高い審美歯科サービスをより発展させていくための試みが日々行われておりサービス品質の向上に務めています。

 

当サイト 名古屋でジルコニアセラミッククラウンを用いた審美治療を安く受ける事が出来る審美歯科サービスの紹介→こちら

 

ジルコニアセラミッククラウンも低価格で提供している名古屋でも人気審美歯科サービスの公式サイトは下記のバナーをクリックして公式サイトを参照をして、まずはメールで相談したり、治療説明の予約をとったりして下さい

オールセラミック歯 IPS e.max